鉄道写真と飛行機写真の撮影紀

■種まき爺さんにご挨拶

種まき爺さん、雪解けの時期になると現れる雪形。その名の由来とも言われる北アルプスの爺ヶ岳も有名だが、最も有名なのは山形・庄内平野から望む鳥海山ではないか。左側の尾根の中腹、左向きに腰をかがめる種まき爺さんが見えるだろうか。

アクセスカウンター

since 2005.9.1 / Last update 2022.5.1

■2022年5月の特集

鳥海秋田清風紀

雪解け時期の鳥海山を思う存分味わいたい。午前中は由利高原鉄道で、午後は羽越本線で、新緑の清々しい季節を迎えた鳥海山をこれでもかと眺め、撮る。帰りがけ、秋田駒ケ岳を望む田沢湖線にも立ち寄った。薫風香る旅路となった。(2022.5.1)

■5月のおすすめ写真集

■最近の更新作

にいがた春爛漫

桜の開花が伝えられて以来、やきもきしながら待ち続け、やっと晴れた週末。開花情報とにらめっこしながら、向かった先は新潟県。弥彦線、越後線、信越本線、磐越西線と、県内の桜の名所を巡りながら春爛漫の一日を楽しんだ。(2022.4.1)

小田急春爛漫

小田急小田原線の終点近く、栢山駅から富水駅の間では、3月ともなると広大な菜の花畑が出現し、多くのカメラマンが集う。バラエティ豊かな特急型車両が頻繁に走る小田急線の線路端で、春の訪れを告げる黄色い菜の花とたっぷり戯れた。(2022.3.1)

中国山地冬街道

中国山地は日本で最も西にある豪雪地帯である。陰陽連絡の雄・伯備線も然り、広島から中国山地へ分け入る芸備線も然り、冬には結構な雪が降る。伯備線の特急や貨物列車と、芸備線末端の備後西城駅周辺で冬の鉄道風景を楽しんだ。(2022.2.1)

木曽路は雪の中

山深く、険しい道のりを越えていく中央西線。冬の寒さは厳しく、雪も激しい。そんな中でも、貨物列車が、特急列車が、そしてローカル列車が、人々の大切な足として今日も走る。木曽路は雪の中、だけど力強く目的地を目指していく。(2022.1.2)