TOP  AIRPLANE  RAILWAY  TWILIGHT  NATURE  PROFILE

↓ご覧になりたい年をクリックすると、その年のトップページ写真集をご覧いただけます。

2007.1.8〜2007.2.5
撮影地:和田倉噴水公園
今、あなたといる幸せ……

決して、クリスマスの時だけではないのだけど、この時期だからこそ、改めて想ってしまうのです。 今、となりにあなたがいるという幸福……。やがて明ける新しい年は、全世界の人々が笑顔に 包まれるように、愛する人と笑い合えるように、そう心の中で祈りながら……。





2007.2.5〜2007.3.16
撮影地:千葉県・鋸山
心も洗う、「千」の海……

これまで地方ばかり撮影してきたぼくだが、最近故郷千葉の海辺の光景を撮り始めた。 九十九里に代表される砂浜だけではなく、岩場や入江など、千葉の海岸風景は実に豊かで、 その度にぼくは心を奪われる。今日も新たな出逢いを求めて、ぼくは海辺に車を走らせる。





2007.3.16〜2007.4.1
撮影地:内房線・富浦〜那古船形
いざ高らかに、出発を……

春は、新出発の季節でもある。新しいことを始めるとき、一番大切なのは最初の出足である。 最初の勢いで、その後の坂を越えていけるかが決まる。さぁ、汽笛も高らかに、ドラフト音も勇ましく、 大きく前進していこう。SLは、ぼくにそれを教えてくれた。





2007.4.1〜2007.5.1
撮影地:内房線・浜金谷〜保田
花と海の楽園へ……

「花と海 心やすらぐ 千葉の旅」をテーマとするちばDCに合わせて、年明け以来、何度も内房路を駆け巡った。 これほどまでに、一つの地域に通いつめたことは今までなかった。通いつめれば通いつめるほど、故郷千葉は、 まさに「花と海の楽園」なのだ、と実感した。





2007.5.1〜2007.6.9
撮影地:わたらせ渓谷鐵道・
         大間々〜上神梅
春の息吹、感じて……

小さなディーゼルカーは、山あいの少し暗い渓谷沿いを抜け、平野に降りてきた。カーブを曲がった瞬間、 飛び込んでくるこの絶景。春ってそういうもの。厳しく長い冬のトンネルを抜け、カーブを曲がった その向こうには、喜びに満ちた春爛漫の景色が待っている。





2007.6.9〜2007.7.8
撮影地:群馬県館林市
本日も、お散歩日和……

一年のうちで最も好きな月は? と問われたら、それは桜の4月ではなく、紅葉の11月でもなく、 間違いなくぼくは、この5月と答えるだろう。まぶしい新緑、鮮やかなツツジや藤の花。 晴天も多いこの月は、一年のうちで、最もお散歩が気持ちいい月でもある。





2007.7.8〜2007.8.6
撮影地:茨城県ひたちなか市
心地よき、みどりの風……

最近、田園風景を撮ることが好きになった。何といっても、ここには人々の息吹がある。 やさしげな息吹が実に心地よい。田んぼのあぜ道に立って列車を待っていると、 農家のおじちゃんが、耕耘機に乗ってやってきた。何の変哲もない田園風景が、絶景に変わった瞬間だった。





2007.8.6〜2007.9.9
撮影地:沖縄美ら海水族館
涼風、求めて……

梅雨が明ける前は「早く梅雨が明けて、暑い夏を満喫したい」なんて言っていても、 梅雨が明けたら「早く涼しくなってくれぇ」……勝手な人間である。暑いビーチで疲れた時は、 水族館に行くといい。大水槽で泳ぐ魚たちに、心癒されること間違いなし。





2007.9.9〜2007.10.1
撮影地:五能線・驫木→追良瀬
青き海に、心は躍る……

海を望む高台へ上がる。よく晴れた日の海は、本当に青くて、実に気持ちがよい。 そういえば、9月という季節は、少し風も涼しくなって、空も高く晴れ渡り、 でもちょっぴり夏の雲なんかが残ってたりする魅力的な季節だ。 よく晴れた休日には、また海を見に行ってみようと思う。





2007.10.1〜2007.11.5
撮影地:青森県・深浦漁港
忘れ得ぬ、想い出を……

最近、専らぼくは海沿いを訪れている。昼間は海沿いを走る鉄道を、そして夕方には暮れなずむ海の風景を。 海沿いの絶景は昼も夜も問わずぼくに鮮烈な印象を与えてくれる。今年の秋は、いったいどんな忘れ得ぬ 夕景に出逢うことができるだろうか。





2007.11.5〜2007.12.3
撮影地:
姫新線・三日月〜播磨徳久
秋空の下、赤とんぼ走る……

姫新線……沿線の龍野市が童謡『赤とんぼ』の作者三木露風の出生地だったことにちなんだ、 通称「赤とんぼ列車」が秋空の下を行く。線路端では、こちらも負けじと真っ赤に咲いた彼岸花が彩りを添えていた。





2007.12.3〜2008.1.3
撮影地:長崎市・鍋冠山公園
地上の銀河を見下ろして……

山を登って夜景を見るなら、空気の澄んだ冬がおすすめだ。キラキラと、まるで星のように輝く街並みを 観ているのは飽きない。ぶるっと寒さを感じた時に飲むココアの暖かさも、たまらないんだな、これが……。




bracing world top pageに戻る
copyright(c) Shusaku Noda. All Right Reserved.