TOP  AIRPLANE  RAILWAY  TWILIGHT  NATURE  PROFILE

↓ご覧になりたい年をクリックすると、その年のトップページ写真集をご覧いただけます。

2008.1.3〜2008.2.1
撮影地:広島県三原市・筆影山
船出の時、今来たる……

元初の朝、決意も新たに、清々しい新年を迎える。今年はこれをやろう、あれをやろうと希望に胸をふくらませる。 できれば、その思いがずぅっと続きますように。そして迎えた年末に「あぁ、この一年よかったなぁ」と言えるように。
さぁ、船出の時がやってきましたよ……。





2008.2.1〜2008.3.16
撮影地:羽越本線・桂根〜新屋間
厳しき道も、前へ前へ……

あなたの前途には、様々な困難が待ち受けていることでしょう。大雪の日も、強風の日もあるかもしれない。 それでも、前へ進み続けること。ゆっくりでも構わない。前へ進んでいくことが、あなたの力になります。 そしてその力は、あなたの強さになります。





2008.3.16〜2008.4.2
撮影地:島原鉄道・常光寺前駅
最後の春風を……

春は毎年やってくるというのに、雲仙はずっと見守ってくれているというのに、 列車だけが来月からやってこない。そんなのあまりに悲しすぎるじゃないか。 だからこそ、ぼくはあなたを撮っておきたかったのです。せめて、ぼくの記憶の中では、 ずっと走り続けてくれるように……。





2008.4.2〜2008.5.1
撮影地:千葉県南房総市
さぁ、顔上げて。

出会いや別れの季節、春。旅立ちや巣立ちの季節、春。不安はいっぱいあるけれど、 うつむいてばかりではいけません。さぁ、顔上げて。あなたの頭上にはほら、 こんなにも希望にあふれた花たちが、あなたの行く道を見守ってくれているのですから。





2008.5.1〜2008.6.2
撮影地:
島原鉄道・深江〜布津新田
潮風あびて、のんびりと……

あんまり頑張りすぎても疲れてしまうので、たまにはのんびり海岸散歩なんていかがでしょう。
お休みも多くて、天気がよい日も多い5月だからこそ、爽快な青空の下で、のんびり旅でもできたら、 これほどの贅沢はありませんよね。





2008.6.2〜2008.7.7
撮影地:肥薩線・中福良〜表木山
ジメジメなんて、吹き飛ばせ……

そろそろ、仕事でもそれ以外でもジメジメとした季節を迎えます。でもね、このうっとうしさに 顔をしかめるばかりではいけません。頑張って、踏ん張って、この湿気たっぷりの世界を 乗り切ったならば、ほら、もうすぐ夏が待っています。





2008.7.7〜2008.8.4
撮影地:長崎県佐世保市・展海峰
青き風に包まれて……

坂道を登る。日差しは容赦なくぼくを照らす。でも、ここで引き返すわけには行かない。 汗を拭きながら、ぼくは展望台へと上がった。その瞬間、ぼくは疲れを忘れた。 あの苦しかった坂道でさえ、この絶景の序章だったのだと気づいた。





2008.8.4〜2008.9.1
撮影地:沖縄県・石垣島川平湾
楽園がここにある……

何としても行ってみたかった場所に、機会を得て、今年もひとつ行くことができました。 まさに楽園という言葉がふさわしいこの絶景。
こうしてひとつひとつ、行ってみたかった場所を訪れる度に、ぼくは今生きているということに感謝するのです。





2008.9.1〜2008.10.1
撮影地:長崎本線・肥前飯田
実りの季節、喜びの秋……

厳しい夏を乗り越えるとやってくる実りの季節。 新米も美味しいが、この季節にはさまざまな果物も収穫期を迎える。 たわわに実ったみかんもそのひとつ。 太陽と大地が作り上げた豊かな自然の贈り物を求めて、列車旅なんていかがでしょう。





2008.10.1〜2008.11.4
撮影地:芸備線・吉田口→甲立
ふるさとを探しに……

いつまでも変わってほしくない情景に出逢う。また帰ってきたいと思う街と出逢う。 そこがぼくの心のふるさとになる。郷愁、懐かしさ、どうしようもない寂寥感……。 そんな心のふるさとを探しに、この秋もまた、ぼくは旅を続けるのだ。





2008.11.4〜2008.12.1
撮影地:千葉県松戸市・本土寺
錦の調べに身を任せ……

錦秋とはよく言ったもので、錦のようにきらびやかな紅葉のシーズンが今年もやってきた。 圧倒的な美を前に、既に言葉は出ない。ゆっくりと、のんびりと、この美に身を任せる。 日本に生まれてよかったなぁ、と心から思う至福の時である。





2008.12.1〜2009.1.2
撮影地:明石海峡大橋
輝きの向こうへ……

今年一年、いろいろありました。
振り返ると、あっという間だった気がします。
よかった人も、悪かった人も、来年は今よりよくなると信じて、頑張っていきましょう。 光り輝くこの橋を渡れば、ほら、希望に満ちた来年は、もうすぐそこまで来ています。




bracing world top pageに戻る
copyright(c) Shusaku Noda. All Right Reserved.