TOP  AIRPLANE  RAILWAY  TWILIGHT  NATURE  PROFILE

↓ご覧になりたい年をクリックすると、その年のトップページ写真集をご覧いただけます。

2009.1.2〜2009.2.2
撮影地:米坂線・萩生駅
鈍行列車で行こう……

しんしんと降り積もった白雪を踏みしめながら、列車はやってきた。
決して多いとはいえない乗客を乗せて、ゆっくりと、だけど確実に次の駅へ、列車は動き出す。 ゆっくりだっていいんだ。目的地を目指して進むことが大事なんだ。そんなことを教わった気がした。





2009.2.2〜2009.3.1
撮影地:石北本線・留辺蘂駅
この道が未来へ通じる……

マイナス18℃まで冷え込んだ朝、ディーゼルの排気は一瞬にして凍る。 この先には険しい峠も待ち受ける。雪深い山中もあろう。 でも、この道が未来へ通じているから、待っている人たちがいるから、 だからこそ力強く、列車は駅を発ってゆくのだ。





2009.3.1〜2009.4.5
撮影地:多良間島上空
雲の上は、いつも晴れ!

飛行機に乗る度、ぼくは勇気をもらうのです。下界がどんなに厚い雲に覆われていたとしても、 一気に雲を突き抜ければ、そこにはいつも太陽が輝いている。思い切って飛び上がる、 思い切って突き抜ける。
そうすれば、苦難はきっと乗り越えられるのだと。





2009.4.5〜2009.5.1
撮影地:栃木県佐野市
春風そよそよ散歩道……

目的地の桜はまだ咲いていなかった。失意の中で帰路につく。その中で見つけた桜並木。 小さな川の堤防にたくさんの春の情景。来る時には見えなかったものが帰るときに見えてくる。 春のにおいをたっぷり含んだ風を感じながら、その幸運に感謝する。





2009.5.1〜2009.6.1
撮影地:
土讃線・阿波川口〜小歩危
川風と共に行く旅……

とんでもない勾配の細い山道を車はぐんぐん登る。途中で見下ろすことはしない。 なぜなら、楽しみは後に取っておいた方がいいから、 というより、怖くてこの先登れないといけないから。
頑張った向こうにほら、絶景が見えてきましたよ。





2009.6.1〜2009.7.1
撮影地:津山線・弓削〜誕生寺
潤いを、心の中へ……

青々と育ちゆく田んぼのほとりを、濡れそぼる古い街並を車窓から眺める。
雨に煙る山里を巡るうち、いつの間にか、心が潤いで満たされていることに気がつく。
梅雨時の旅もまたいいじゃない、そんなことを思った。





2009.7.1〜2009.8.8
撮影地:
富良野線・西中〜ラベンダー畑(臨)
清き風、運ぶ旅路は……

雄大な十勝岳連峰の方角から、清らかな風が吹いてきた。丘に咲く花々がその風にゆらりと揺れる。 北の大地の夏は、その短さを自身で悟っているかのように鮮烈だ。 北限の鉄路が運ぶその短い夏の風に、都会人の疲れはあっという間に癒されていく。





2009.8.8〜2009.9.1
撮影地:上富良野日の出公園
想いは風に乗って……

丘に上がると、美しい向日葵とラベンダーがぼくを出迎えてくれた。照りつける太陽は厳しいけれど、 丘には涼やかな風が吹いている。
この感動は丘の向こうにいるあの人に届くだろうか。いや、きっと届くさ、この風に乗って丘を越えて……。





2009.9.1〜2009.10.1
撮影地:
小湊鐵道・上総久保〜上総鶴舞
黄金の楽園、どこまでも……

黄金に色づいた稲穂が広がっていた。その中をディーゼルカーが軽快に進む。BGMはヒバリのさえずり。 ずいぶんと涼しくなった風が時おり吹きぬける。写真、撮り続けてきてよかったと、心の底から思った。





2009.10.1〜2009.11.1
撮影地:沖縄本島・オクマビーチ
あした天気になぁれ

夕焼けが見られると、明日はお天気になる。昔そう教わった。実際はそうとも限らないんだけど、 そう思うと、なんだかうれしくなるじゃないか。これから否応なしに迫ってくる闇夜だって、 明日は晴れると思えば立ち向かえる。そんな気がするじゃないか。





2009.11.1〜2009.12.1
撮影地:
米坂線・伊佐領〜羽前松岡
全てが名残りの秋景色……

国鉄型気動車の楽園といわれた米坂線に、明日から新型車両がやってくる。 来春には全ての国鉄型気動車が引退する。 沿線の美しい紅葉をこの車両で眺めることができるのも今年が最後なのだ。 そう思うと、全てが名残惜しき絶景に思えた。





2009.12.1〜2010.1.5
撮影地:六本木ヒルズ
星の数ほど幸せを……

何千何万にも及ぶ電球やLEDで彩られるクリスマスイルミネーションの街を歩くと、不思議と幸せな気分になる。 夜空には満天の星空も見える。星の数ほどの幸せが、来年はみんなのところに降りますように。 そんな願いを込めて、一枚一枚シャッターを切る。




bracing world top pageに戻る
copyright(c) Shusaku Noda. All Right Reserved.